5ちゃんねる削除

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の削除依頼の手順

投稿日:2018年2月7日 更新日:

誰でも自由な発言が行えることが魅力となっている掲示板5ちゃんねるでは、今もたくさんの人たちがネット上での会話を楽しんでいます。

しかし時としてそこは誹謗中傷の現場となり、実生活に不都合が起こるほどの被害に遭う危険も秘めているのです。
もしあなたが5ちゃんねるで誹謗中傷の被害に遭った場合、速やかに削除依頼を行って該当のレスを消す必要があります。

5ちゃんねるでの削除依頼はやや複雑な面がありますので、こちらで削除依頼の手順を確認し、いざというときにすぐ行動を起こせるようにしておきましょう。
正しい手順を踏めれば、被害の拡大を防ぐことができますよ。

1.削除ガイドラインの確認

5ちゃんねるに書き込まれた内容を削除するには、掲示板を管理している人物に直接働きかけ、削除を実行してもらう必要があります。
申請すればなんでも削除してもらえるわけではないので、まずは自分に対する内容の書き込みが5ちゃんねるの「削除ガイドライン」に抵触していることを確認しましょう。

削除対象となる書き込みは、個人名・住所・電話番号・個人を完全に特定可能と思われる誹謗中傷などです。
自分がそうだと感じても、「客観的な視点からすると削除対象とならない」と判断されることもあるため、なぜ申請する書き込みが削除に値するのかを、削除ガイドラインに沿って説明できるようにしておきましょう。

2.削除要請フォームorメールで依頼

削除ガイドラインを確認したなら、書き込みが行われているスレッドのURL、レス番号、削除を申請する理由などをまとめ、正当な理由によって削除する意思があることを伝えましょう。
重要と思われる削除対象は、メールでの受け付けが行われています。

メール以外にも、専用の削除要請フォームから削除を要請することが可能です。自分への誹謗中傷を見つけた際には、とりあえずこちらから申請を行っておくのもいいでしょう。
ただしメールによる削除依頼は内容が公開されることはありませんが、削除フォームによって申請した場合は送信内容がすべて公開されるので注意しておいてください。

3.運営の対応を待つ

削除申請をしてすぐに運営が対応してくれることは稀です。
時間がかかって削除が行われることもあれば、そのまま放置されることもあります。
もし余裕のない場合は、削除までの時間を利用して警察や弁護士への相談も行っておきましょう。

急を要しない場合は、書き込みのことをしばらく忘れてしまうのも1つの手順です。
削除ガイドラインの確認と要請をきちんと行い、誹謗中傷であることが認められれば、いずれ書き込みは削除されます。
数日間は様子を見て、事態の成り行きを見守ってみましょう。

まとめ

5ちゃんねるの便利さを悪用した誹謗中傷は、誰の身にも起こり得るものです。いざというときに慌てないように、削除依頼の手順はきちんと把握しておきましょう。
手順そのものは簡単なので、1度流れを理解しておけばいつでも利用することができますよ。

もし、削除されなかった場合には、専門業者に依頼しましょう。
5ちゃんねる削除まとめがおすすめの業者は、5ちゃんねる削除の風評被害バスターズです。
5ちゃんねる削除の強い味方です。

-5ちゃんねる削除

執筆者:

関連記事

no image

5ちゃんねる削除で気をつけたいこと

ネット掲示板5ちゃんねるでいわれもない誹謗中傷に遭ったときは、削除依頼を行って該当する書き込みを消すことが求められるでしょう。 しかしいくつかの注意点を守らなければ、削除依頼は受理されず、それどころか …

no image

5ちゃんねる削除を依頼してもだめだったら警察に相談してもいいの?

さまざまな交流が楽しまれているネット掲示板5ちゃんねるには、ときとして心ない誹謗中傷が書き込まれてしまいます。 運営に削除依頼を申請することはできますが、確実に削除してもらえる保証はありません。 削除 …

no image

5ちゃんねる削除を削除業者、弁護士へ依頼する

ネット掲示板5ちゃんねるは大変便利で魅力的な場所ですが、誹謗中傷や言葉による暴力が起こりやすいというデメリットもあります。 書き込まれた誹謗中傷に個人の力で立ち向かうのは難しく、そのまま泣き寝入りして …